ケイ素の効果/効能

ケイ素ってそんなに必要なの?

私たちは、毎日食事からケイ素 を摂取しています。
毎日10~40mg排出されてしまうケイ素を、体肉で作る事は出来ません!
健康に生きる為に!ま毎日約20~50mgのケイ素が必要とされています。

ところが・・・
日本人は、食生活の変化によって慢性的なケイ素不足になっているのです。

その原因は・・・
①食物繊維を食べなくなった事。
②農薬の多量使用が原因で、ミネラル(ケイ素 )豊富な自然主獲で農業が行われなくなり、野菜自体にもミネラル(ケイ素)が極端に少なくなってし
まった事。
③ミネラル(ケイ素)が豊富に含まれた湧水を飲まなくなった事。
などが原因とされています。

ケイ素は、私たちの人体に欠かすことの出来ない必須ミネラルです。
ケイ素は体内で水分や酸素、栄養素と結合し、各臓器、器官、細胞にそれらを運ぶとても重要な役割を担っています。

寿命をつかさどる「ミトコンドリア」

愚近の研究では、病気のメカニズムには、ミトコンドリアが大きなカギを握っている事が分かつてきました!
なんと、ミトコンドリアは体重の10分の1にもおよぶ程、重要な組織なんですね。

骨密度に深く関わる「骨形成」

アメリカ・イギリスの共同研究『フラミンガム研究』では、ケイ素はカルシウムよりも2倍骨を丈夫にすることが解明されています!
その他、爪や髪なども骨と問様に、健康に丈夫にしてくれます!

皮膚の弾力性に深く関わる「コラーゲンの形成」

美容に欠かす事の出来ないコラーゲン。
いつまでも若々しいお肌を保つには、らせん状のコラーゲンがしっかり立っている事が大切。
そのコラーゲンを束ね、しっかり立たせる役目を担っているのがケイ素です。
超高級化粧品に含まれる『シラノール』とは、ケイ素素材です。

動脈硬化に深く関係する「血管の形成」

人間の血管の全長は10万キロ! 地球を2周半もしてしまいます。
その血管を構成している主要成分がケイ素です。
動脈硬化を起こしている血管には、健康な血管の14分の1しかケイ素が含まれていないという報告もあります。
血液の循環が悪くなると、人体のあらゆる臓器・器官に栄養と酸素が行きわたらなくなってしまうのです。

出典:『高齢者医療費半減を目論む健康維持の秘策』 平成22年8月30日 工学博士 東 學 著