2.日本の社会保障制度

①世代ごとの受益と負担構造(世代会計)

2_2_01

②一般会計における歳入歳出の推移

2_2_02
平成24年度 歳出総額・・・92兆円
税収・・・・・・43兆円

③家計金融資産と長期債務残高の推移

2_2_03

④社会保障の給付の見直し

2_2_04

⑤暗黙の年金債務「80兆円」

2_2_052_2_06

⑥債務残高(対GDP)の安定化に必要な最終的な消費税率

2_2_07

Q.毎年1兆円以上のスピードで膨張する社会保障費をどう抑制するか。
Braun and Joines  (2011年8月)未定稿
【ベースライン】  2017年に消費税率33%が必要(2012年に消費税率10%にすることが前提)
【先送りケース】  2022年に増税するなら、消費税率37.5%が必要(2012年に消費税率10%にすることが前提)
【2%のインフレのケース】  消費税率25.5%が必要

Sakuragawa and Hosono  (2011年7月)
債務残高を安定させるために消費税で賄う場合、
2021年に5→16%、2013年に消費税率21%が必要

小黒・小林  (2011年11月)
2025年に20%、2055年に消費税率31%が必要(機械的試算)

小黒・島澤  (2011年9月)
ピーク時に消費税率33.5%が必要(OLGモデル)

⑦わが国の経済成長率の推移~富の分配➜負担の配分へ

2_2_08